札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 企業の法律問題 > 民事再生・企業倒産

民事再生・企業倒産

会社をたたむタイミングを間違えると
取り返しのつかないことになります!!

  • あの人にだけは迷惑をかけられないから、あとちょっと頑張ろう!
  • あと100万あれば、何とかなるはずだ!
  • ここを切り抜ければ、きっと何とかなるはずだ!
  • 民事再生で、何とか再生したい!

このようにおっしゃる方がいらっしゃいます。
しかし、会社をたたむタイミングを間違えると、本当に取り返しのつかないことになってしまいます!

「あの人にだけは迷惑をかけられない」と思っていたのが、ずるずる長引かせてしまうと、最終的には、より迷惑をかけてしまうこともあります。

「あと100万あれば」と言って、お兄さん・家族に借金をして、家族にも迷惑をかけてしまうこともあります。

「ここを乗り切れば、必ず、何とかなるから!頼む!保証人になってくれ!」と言って、街金の保証人に家族や兄弟を引きずり込んでしまったりすることもあります。

民事再生とはいっても、そんな簡単に再生できません。ですから、民事再生でなんとかならないケースの方が多いのが実態なのです。

しかし、多くの経営者は「何とかなるはずだ!」という夢を見ているのです。
その夢にはまって、現実に戻って来れないと大変なことになってしまいます。

多くの人を巻き込み、散々、迷惑をかけてあげく、夜逃げということもあるのです。

そうならないためには、やはり、適切なタイミングで企業倒産をすることだと思います。

では、「適切なタイミング」とはどのような時でしょうか?

それはそこまで追い込まれてしまったら、社長本人では判断が難しいと思います。追い込まれてる社長は適切なタイミングが判断できるほど、客観的・冷静ではないと思います。

実は「適切なタイミング」というのは、これ以上、周りに迷惑を掛けないことに加え、会社をきちんと倒産させるだけの費用が準備できるタイミングなのです。

このタイミングを失うと、倒産させるだけのお金がないので、倒産させることもできなくなってしまうのです。

だからこそ、いつが適切なタイミングなのかを「手遅れ」になる前に法律の専門家である弁護士に相談されることをオススメします。

私、前田尚一は企業倒産の事案を処理した経験上

・どのようなプロセスで企業倒産に持って行けばいいのか
・債権者集会はどのようにすれば良いのか
・債権者に対する対応方法
・倒産させるために必要なお金の作り方
・社員を解雇するための説明会のやり方

などなど、社長1人では対応が難しいことを弁護士が入ることで、スムーズに進めることができるようになるのです。

そもそも、社長は企業倒産を何度も経験してるわけではありません。当たり前です。しかし、私はこれまでに何社も、企業倒産を経験してるからこそ、分かるのです。

社長はこれまで、本当に全力で頑張ってきたと思います。
社員に迷惑をかけられない。
家族に迷惑をかけられない。
これまでお世話になってきた人に迷惑をかけられない。

色々な想いを1人で背負って、頑張ってきたんです。
これ以上、1人で思い悩まずに、法律の専門家である弁護士に先ずは、相談してみてください。


もしかしたら、客観的に第3者の目で見て、「まだ行ける」となるかもしれません。
もし、そうでなかったとしても、今なら、まだ間に合うかもしれないのです。

これをご覧になってるあなたが、決断するべき時は今だと思います。
この決断があなたと、ご家族と、社員と、お世話になった人の運命を大きく左右するとしたら、どのような決断をされますか?

民事再生、企業倒産でお困りなら札幌弁護士の前田尚一法律事務所へご相談下さい

事業者の倒産整理事件の弁護士費用(税別)

着手金 : 100万円

特定事例に対して、無料法律相談を行っています

企業経営が難しくなり、法的手続きの利用を考えている経営者・管理者の方

上記に該当する場合、無料にて法律相談を行っております。
申し込み等の詳細はこちら。

法律相談をご希望の方

法律相談には以下の費用がかかります。

法律相談料 1件 60分まで 5,000円(税別)  【 法律事項一般について行う相談です 】

最初の60分までは5,000円となり、60分を超えると30分ごとに5,000円加算されることになります。
例えば、1時間45分の相談の場合、相談料は、消費税込で15,750円ということになります。

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

はい

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

関連コラム

「民事再生・会社破産について、もっと詳しいことを知りたい!」と思われた方は以下のコラムを是非、ご覧下さい。あなたの知りたいことが載っているかも知れません。

分類 タイトル / 掲載誌 掲載日時
民事再生手続 「民事再生法」適用できる?-医療法人でも十分に利用可能
毎日新聞 朝刊 『La Femme~ラ・ファム~』連載
平成12年7月30日
民事再生法 民事再生法の行方ゆくえ!?
WEB専門ニュースサイトBNN
-

PageTop