札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 法律相談 > コラム

コラム

民事裁判の仕組み“権利のための闘争”に勝つ方法


裁判の仕組みは難しいように見えます。確かに細かい手続は面倒ですが、基本となる理屈自体は至極単純です。
ただ、文章での説明は無味乾燥になりますので、別に機会があれば、ご説明致したいと思います。とりあえず、この話は飛ばして次にお進み下さい。

【事例検討】:双方証拠がない場合の勝敗如何???

 甲は、乙に、平成8年12月14日、平成9年12月14日に返すという約束で100万円を貸したとして、その返済を求める裁判を起こした。
 甲、乙は次のように争ったが、争いのある部分については真偽が不明のまま結審してしまった。

 1 乙は、「借りたことはない。」と反論。
 2 乙は、「甲の言うとおり、100万円を受け取ったが、借りたものではなく、甲の仕事を手伝った報酬金である。」と反論。
 3 乙は、「甲の言うとおり、100万円を借りたが、返済をした。」と反論。
 4 乙は、「甲の言うとおり、100万円を借りたが、返済をした。」と反論。
 これに対し、甲は、「乙の言うとおり、100万円を受け取ったが、別の売掛代金分として受け取ったものであり、貸金の返済ではない。」と再反論。
 5 乙は、「甲の言うとおり、100万円を借りたが、甲の仕事を手伝った報酬金100万円と相殺する。」と反論。 │


●AとBとの会話

:「お前、2万円払えよ。」 請求の趣旨
:「お前に払う筋合いはない。」答弁
:「去年の年末に先月末までに返す約束で2万円貸しただろう。」 請求原因
:「カネなんか借りてないよ。」 否認
:「あの日、お前泣きながら二万円貸してくれ、と言っただろう、これがそのときの借用書だ。」立証
:「思い出した。返しただろう。」 抗弁
 「ほら領収書もあるぞ。」立証



【理解を深めるために】

(1) 裁判で勝つためには、法律の効果(権利の発生・障害・阻止・消滅)によって利益を受ける側が、その法律の要件を主張立証しなければならない(「主張責任」、「立証責任」)。
そして、その要件(「要件事実」)は、法律の各条文に規定されている、とされている(「法律要件分類説」)。

* 主 張=言い分
* 立 証=裏付け(「証拠」)

(2) 相手方の主張に対する認否
 ア 「認める。」
 イ 「否認する。」
 ウ 「不知。」、「知らない。」

(3) 当事者の主張
   請求原因(原告)→抗弁(被告)→再抗弁(原告)→再々抗弁(被告)・・・・・・

コラム一覧に戻る

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

はい

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

PageTop