札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 法律相談 > コラム

コラム

うちのポチに限って・・・

出典:毎日新聞平成12年2月28日朝刊
『La Femme~ラ・ファム~』連載
原題:「飼い犬が人かんだ。補償は」

一軒家で夫と愛犬と一緒に、楽しく暮らしています。
先日、塀の内側で愛犬が訪ねてきたセールスマンにかみついてしまいました。セールスマンは、治療費のほか仕事を休んだ補償を要求してきました。
セールスマンは、勝手に私有地に入ってきたのですが、このような場合でも、損害賠償責任を負うのでしょうか。
(主婦、62歳)

総理府告示は、放し飼いの防止、脱出防止、けい留(動物をつなぐこと)などについて定めていますが、自宅敷地外のことを念頭においているようで、ご相談のような敷地内のことについては明確ではありません。

しかし、社会生活をしている以上、他人が家を訪れるということは当然ありうることです。私有地であっても、塀の入り口から玄関までの通路など、他人も通行することが予測される場所については、居住者には、ペットが他人に危害を加えないようにする管理責任があると考えるべきでしょう。
訪問者の目的、訪問の仕方によっては、訪問者側の不注意などが問われ、過失を相殺して居住者側の責任が軽減されることがあるとしても、居住者の明確な了解がないというだけで、訪問者に対する居住者の責任がなくなるとまでは言えないと考えられます。

前述の法律は、昭和48年に制定されて以来「動物の保護及び管理に関する法律」という名称でしたが、平成11年に一部改正された際、法律名も前記のように改められたものです。ペットが「愛玩具」ではなく、家族の一員、人生の伴侶である(共生・共棲)との社会認識に対応したものとなりました。一方で、人間と動物のより良い関係を作るためには、動物による人の安全侵害や迷惑行為の防止という点もますます重視されていく傾向にあります。

ただ、この種のトラブルは、一般的に、被害者の要求は過大となるし、加害者の回答は過少になるという傾向があり、解決が長期化する場合があります。
責任内容や賠償額は、個々のケースでさまざまであり、話をこじらせないためにも、まず専門家に相談することをお勧めします。
なお、当事務所で法律相談をご希望の方は、こちらをどうぞ。

コラム一覧に戻る

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

はい

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

PageTop