札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 法律相談 > コラム

コラム

許してもダメな男

出典:毎日新聞 平成10年11月29日朝刊
『La Femme~ラ・ファム~』連載
原題:「浮気、一度許したけれど」

夫が浮気をしたのですが「やり直したい」と土下座して誤ったので、一度は許すことにしました。しかし、その時の浮気が尾を引いて、夫婦の関係は結局壊れてしまっています。このような場合、裁判で離婚請求ができるのでしょうか。
(主婦、37歳)

要するに、一旦は許しておきながら、蒸し返すのはいかがなものか、という考え方なのですが、あえて問題とされるのは、歴史的な背景も関係があるようです。

戦前の民法では、相手を許した場合を「宥恕(ゆうじょ)」と呼び「相手を一度許せばもう離婚請求はできない」ということを定めた規定がありました。

もっとも、戦前の民法では、不貞をしたという理由で離婚されるのは妻だけでした。夫は浮気をしたとしても、別に「姦淫(かんいん)罪」という刑事罰で処罰されなければ、離婚されるませんでした。
「姦淫罪」というは、戦前の刑法で定められていた犯罪で、既婚女性が夫以外の男性と男女関係を持った場合、その夫の告訴によって、女性と相手の男性(「間男」)が処罰されることになっていました。つまり、男性は、既婚者であっても、相手の女性が独身であればおよそ処罰の対象にはならず、従って、妻から離婚されることもなかったのです。旦那さんが、お妾さんをいっぱい抱えて家を持たせていても、法律的に妻は文句の言いようさえもなかったのです。戦前は、民法も、刑法も、“男尊女卑”が徹底していたと言えます。「リストラ離婚」といった言葉が定着した現在ではとても考えられない時代でした。
このような封建的な仕組みの中で、「宥恕」は夫の特権や横暴を抑制する機能を果たしていたとも考えられます。

現在の民法は、離婚原因についても男女平等であり、「宥恕」の規定もありません。相手を一度許したとしても、判断材料の一つになるに過ぎず、裁判所は、離婚に至る原因が何であるかを総合的に判断されることになります。

離婚に限らず、法律問題は、一つの事ですべてが決まる訳ではなく、何事も、いろいろな事情を総合的に判断されていくことが多いものです。このことは「法律感覚」を磨くヒントとして知っておくと良いでしょう。

コラム一覧に戻る

「離婚について、もっと詳しいことを知りたい!」と思われた方はこちらを是非ご覧下さい。
あなたの知りたいことが載っているかも知れません。

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

はい

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

PageTop