札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 法律相談 > コラム

コラム

社長! 給料払って!!

出典:毎日新聞 平成11年1月30日朝刊
『La Femme~ラ・ファム~』連載
原題:「倒産!賃金や退職金は?」

私は、建設会社に事務員として勤めていました。
ところが、昨年暮れに私の給料が未払いのまま会社が倒産してしまいました。
働いた分の賃金や退職金はもらえるのでしょうか?
(元会社員、28歳)

長い不況が続く中、企業の倒産が増え、労働者にとっても厳しい状況になっています。
「倒産」とは、企業が支払不能の事態に陥り、営業の継続が出来なくなった状態を言います。
企業の「破産」という言葉もよく耳にしますが、これは裁判所の手続を経て企業の“お葬式”をすることで、「倒産」の一形態です(なお、「民事再生」、「会社更生」という企業を蘇(よみがえ)らせるための裁判所の手続もあります。)。
しかし、企業の倒産処理がすべて裁判所の手続で行われるわけではありません。裁判所の「法的」手続をしない「事実上の倒産」と呼ばれる形もあります。

さて、法律上、賃金はほかの一般債権より優先するとされてますが、賃金を支払うお金さえもないまま倒産する企業も少なくありません。破産などの手続がとられたり、労働者の側で請求手続をしても、会社の資産がそれに見合うだけないために、結局支払ってもらえないケースも多いのです。

そこで、現実的な救済策としては、未払賃金の一部(最高8割)について、政府(労働福祉事業団)が立て替え払いをしてくれる制度があります(未払賃金立替払制度)。
裁判所の手続がなされた場合のほか、中小企業であれば、社長の夜逃げなど「事実上」の倒産のケースでもこの制度を利用できる場合があります。
企業の規模、労働者数などいくつかのハードル(要件)もありますが、決して“泣き寝入り”せずに、なりふり構わず、最寄りの労働基準監督署に駆け込んで相談してください。

退職金については、就業規則などに退職金の支払規定があるかどうか、運用はどうだったかによりますが、もらえる場合は、この立て替え払いの対象になります。

なお、賃金は2年、退職金は5年で時効消滅してしまうことも覚えておいて下さい。


関連情報

◎「未払賃金立替払制度の概要 」
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/tatekae/index.htm
厚生労働省ホームページの中にある未払賃金立替払制度をわかりやすい説明

コラム一覧に戻る

「労働問題・労働審判について、もっと詳しいことを知りたい!」と思われた方はこちらを是非ご覧下さい。
あなたの知りたいことが載っているかも知れません。

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

はい

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

PageTop