札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 法律相談 > コラム

コラム

3 中小企業をめぐる『法律問題』


日本では、大企業の中には、“法務部”という相当数の人員を擁(よう)した部署を設置し、一部には弁護士をサラリーマンとして雇っている例もあるが(「社内弁護士」・「インハウス・ロイヤー」)、訴訟のために毎年売上げの中から3%を捻出することはできないであろうし、する気もないであろう。
まして、企業の大多数を占める中小企業(株式会社の99%以上が資本金1億円未満である。)では、ヒト・モノ・カネの制約で、『法律問題』に積極的に取り組むことができないのが実際だ。

しかし、中小企業であっても、債権の回収、クレームへの対応、手形の決済といった取引上の『法律問題』が日々発生している。

また、中小企業のほとんどは、株式会社であっても、商法の手続(株主総会の開催、取締役会の開催、決算内容の公告・・・)を遵守しているとは言い難いのが実情だ。個人レベルの対立が起こると、企業の内部紛争に直結し、その地盤を揺るがすことにもなりかねない。現に裁判所に行くと、会社事件のほとんどは中小企業の事件であり、実態は相続問題であったり、親子対立、兄弟喧嘩、娘婿(むすめむこ)との対立、共同経営者の仲間割れであったりすることが多い。社長、専務等といって登場してくる豪華キャストは、親・子、兄弟姉妹、娘婿、友人、先代の番頭さんといった面々である。

なお、中小企業の経営者・管理者は、実質的に企業そのものといった面もあるし、従業員とは運命共同体である。中小企業では当然にプライベートな面も切り離すことはできない。

そこで、中小企業の経営者・管理者も、どのように、企業をめぐる『法律問題』(「企業法務」、「経営法務」)とお付き合いするか(「中小企業法務」)、をお話ししていかなければならない。

コラム一覧に戻る

「企業法務について、もっと詳しいことを知りたい!」と思われた方はこちらを是非ご覧下さい。
あなたの知りたいことが載っているかも知れません。

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

はい

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

PageTop