札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 法律相談 > コラム

コラム

請求書をずっと送り続けても時効を止めることはできない
“請求書を出し続ければ、債権は時効にかからない”という大ウソが横行している!! 

出典:毎日新聞 平成12年6月29日朝刊
『La Femme~ラ・ファム~』連載
原題:「未払代金の時効対策は」

私は、主人が経営する建設会社で、専務として経理を預かってます。
建築代金を支払ってもらえないお客様も何件かあります。
主人が、同業の先輩に請求書さえ送っておけば時効にはかからないとアドバイスを受け、私が、毎月毎月請求書を送り続けています。時効対策として十分なのでしょうか。


時間が経過することによって、自分の権利がなくなってしまうという制度を消滅時効といいます。要するに、月日が流れると世の中も変わり、権利を持っていても、いつまでも放っておく人を許さない、という制度です。
反面、民法は、「請求」等、時効がまだ完成していないうちに時効の進行を断ち切り、始めに戻してしまう方法も定めています(「時効の中断」といいます。)。

しかし、この「請求」というのは、裁判を起こす(「裁判上の請求」)等所定の法的手段をとることを意味し、請求書を送ることは含まれません。
つまり、ただただ請求書を送り続けても、本件のような請負代金ですと、支払期日から3年経過したときに、相手が時効を主張する(「援用」といいます。)と権利は消滅してしまうことになってしまいます。

もっとも、時効が完成する前に請求書を送り届けるそのときから6か月時効期間は延長されことだけは認めています。
ただ、この期間内に裁判を起こすなど所定の法的手続をとらなければ、延長の効果は認められません。請求書を送ることは、民法上は「催告」と呼ばれ、「請求」とは区別されています。
また、この延長は1回限りの特典であり、再延長、再々延長は認められません。つまり、6か月毎に請求書を送りつづけても、延長の効果は認められないのです。

さて、世間には“物知り”がいて、いろいろなことを教えてくれます。しかし、特に法的問題については、教えられた内容が誤っている場合も少なくありません。ご質問の中の先輩からのアドバイスもよく聞く誤解の一つです。

時効という言葉は誰でも聞いたことがあるでしょうが、権利の性質によって時効期間が異なりますし、またどの時点から期間を計算すればよいか等々、理解するには専門的知識が必要です。

一度、いわば自社の商品知識にプレミアムをつけるつもりで、業務にかかる権利の時効対策を専門家に相談しておくことをお勧めします。

コラム一覧に戻る

「企業法務について、もっと詳しいことを知りたい!」と思われた方はこちらを是非ご覧下さい。
あなたの知りたいことが載っているかも知れません。

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

はい

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

PageTop