札幌の弁護士

●● 個人の法律問題 ●●

離婚


前田尚一法律事務所は
離婚した方が幸せになれる女性のサポートをしています。

「夫のことがとにかく嫌だ!」
「夫が浮気をして、それがどうしても許せない!」
「夫の立ち居振る舞い、目つきから何から何まで気に食わない!」
「性格の不一致、価値観の不一致がどうしても埋まらない!」
「自分の居場所がない、自分の自尊心を傷つけられたのが許せない」
話を聞いていると、このように「離婚してしまった方が幸せになれるのではないか」と思う女性がたくさんいらっしゃいます。

しかし、それでも「離婚」を選択されないのは、離婚に踏み切れない何かしらの事情があるからだと思います。

このような段階にある女性には「嫌だ」という強い感情はあったとしても、実際に離婚することによって「残された明るい人生」を歩いて行くだけの条件が揃ってないことが多いのです。

原因は様々ですが、夫とこれからの人生を歩めないといった場合、それなりの理由があるように思えても、すぐに離婚できるわけではありません。

離婚ができる場合というのは基本的に婚姻関係が破綻したと評価できる場合です。

浮気というのはされる側からすると非常に辛いことではあるけれど、実際にはそれを乗り越えて夫婦生活を続ける人もいるわけで、同じ一面だけを取り上げて、婚姻関係が破たんしたといえるかどうかは一律に決められないのが実際です。

しかも、浮気したという証拠をつかむのは難しく、証明できないということで浮気が認められない場合もあります。

離婚をするということ自体も、「性格の不一致」だけでは離婚するのは難しく、実は思ってるよりもハードルが高く、裁判官の人生観、倫理観が大きく影響する場合も少なくなく、個別の事案に応じて、自分にとって最も適切な対処をしていく必要があります。

相手に離婚を請求する原因があるのか
時間の経過などを待たなければいけない場合があるのか
など、自分の置かれた状況をきちんと理解し、これからの立ち居振る舞い・行動を決める必要があります。

そのために、適切なアドバイスをさせていただきます。
すぐに離婚できるのか、時が解決するのを待つのか
どれだけの金銭の支払いを求めることができるのか
子供の親権が取れるのか
これらの要素を複合的、客観的に見て、これからどのような行動をするべきなのかをしっかりと考えることが重要なのです。

しかし、本人だけでは自分の感情が邪魔をして、どのような行動をするべきなのかを考えることも、その通りに行動することも難しくなってしまいます。

だからこそ、法律のプロである弁護士がアドバイスをさせていただきます。


離婚に関して
良く寄せられるご質問

財産分与
親権
養育費
面接交渉権
協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚

以上のように、思いがあれば離婚できるというものではありません。自分が現在どのような状況に置かれているのかを、法律の目で見ながら確認しなければならず、先ずは弁護士に相談することをお勧めします。


「離婚」に関する弁護士費用
着手金
315,000円
※調停から受任する場合も着手金は別途加算いたしません
※財産分与、慰謝料など財産給付の請求を伴う場合も、着手金には別途加算しません。

成功報酬
315,000円 〜525,000円
※財産分与、慰謝料など財産給付を確保した場合は、上記報酬金に民事事件の成功報酬金の基準に従って加算します


法律相談の予約・お問い合わせ
Tel:0120-481744(24時間受付)
Mail:smaedalaw.hp@gmail.com
電話,メールでの法律相談には応じられません。
ご足労でも当法律事務所までご来所頂くこととさせて頂いております。


法律相談の費用と手順など



[1]個人の法律問題
[2]企業の法律問題
[3]法律相談
[4]弁護士:前田尚一プロフィール
[5]事務所アクセス

[0]トップページ


お問合せは下記より
前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「西11丁目駅」
2番出口から右へ45秒

Tel:0120-481744
Mail:smaedalaw.hp@gmail.com

Copyright(c)S.MAEDA&CO.
All rights reserved.