札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 事務所紹介 > コラム

コラム

2011年9月アーカイブ

資格とかけて「足の裏に付いた米粒」ととく。

そのこころは,・・・・・

           「取らないと気にかかるが,取ってもたべられない」

 

(出典:反町勝夫『士業再生』192頁[2009,ダイヤモンド社]) 

 

 次のような文脈で紹介されています。

 

*****(引用開始)****************

 

●資格とは何か

 資格とは何か,資格がもたらす実益を理解するために,比喩的に資格をイメージしてみましょう。資格とかけて,「足の裏に付いた米粒」ととく。その心は,「取らないと気になるが,取っても食べられない」と言われています。しかし,人的資本論から見ると,真実は違います。いくつか比喩的に述べてみたいと思います。馴染みのないことには,イメージが重要です。

 ......

*****(引用終了)****************

 

"今どき,士業だけで食べていけるのは宇宙飛行士くらい"


(金森重樹・監訳『クラッシュ・マーケティング』332頁[2009,実業之日本社]より)

 

 次のような文脈で紹介されています。

 

*****(引用開始)****************

 

◆―――不況下でもきっちりと稼げる業種

 

  不況といっても,すべての業種が悪いわけではありません。
 どれほどの経済危機であっても,きっちり稼いでいる業種もあります。

①保守・修理・リサイクル・DIYに関連するビジネス
   ......

②医療関連のビジネス
   ......

③最低限の衣食住
   ......

④現実逃避のビジネス
   ......

⑤資格ビジネス
 資格ビジネスも不況下では注目の領域といわれます。このあたりになってくると,もはやお守りとしての効果を期待するぐらいしかご利益はなさそうですが,資格学校で資格を身につけて自分の価値を高めるというこのなんでしょう。
 僕は,この自己投資という名の麻薬には手を染めるべきではないと個人的には考えています。今どき,士業で資格だけで食べていけるのは宇宙飛行士くらいですし,歯科医院も,景気の影響はもろに受けています。昨今は自費診察の患者さんが激減しています。
 逆に公務員試験の勉強はいいかもしれませんね。日本がIMFの管理課にでも入らない限り,公務員がリストラされることは考えにくいですから。
   ......

⑥生死に関連するビジネス
   ......

⑦インフラビジネス
   ......

⑧利は元にありビジネス
   ......

⑨その他
   ......

*****(引用終了)**************** 

PageTop