札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > お知らせ

お知らせ

メルマガ【弁護士前田尚一の「本当は怖い身近な法律問題」】の新作を発行しました。

2010年5月31日 18:40

このエントリーをはてなブックマークに追加
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     本当は怖い身近な法律問題 vol.15  2010/05/31
          http://www.smaedalaw.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 皆さん、こんにちは。札幌の弁護士,前田尚一です。

 5月27日夜の便で上京し,28日(金)は横浜でお願いしているコンサル
タントとの打合せ,29(土)は丸の内でコンサルタント会社の主催する同業
者のセミナーに参加してまいりました。
 弁護士も経営戦略を考えなければならない時代で,弁護士大増員政策反対と
ばかり言っていてもしようがありません。

 さて,今回は,理髪店チェーンの総店長が深夜割増賃金を求め,管理監督者
でも深夜割増賃金の請求が可能であると認めた最高裁判所の

判決があることをご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最近,残業代請求が急増しており,企業の心配の種どころか,恐怖の元にな
っています。

 しかし,それどころ,最高裁判所は,平成21年12月18日,理髪店チェ
ーンの総店長が深夜割増賃金を求めた事件で,管理監督者で

も深夜割増賃金の請求が可能であると判断したのです。

 ところで,日本マクドナルドの直営店の店長について,残業代を払わないの
は違法だとする裁判例があり(東京地方裁判所平成20年1月13日東京地裁
判決),激震が走りました。
 労働基準法第41条では,労働時間、休憩及び休日に関する規定は、事業の
種類にかかわらず「管理監督者」については適用しないと定

めていますが,マグドナルド事件では,直営店の店長は「名ばかり管理職」で,
そもそも「管理監督者」にあたらないとして,残業代など

約750万円の支払いを命じられたのでした。

 しかし,深夜割増賃金の請求について,最高裁判所は,「管理監督者」(管
理職)であっても,その請求が可能であることを認めたのです。

 ⇒ http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=38279&hanreiKbn=01

 労働法の分野は,法律改正,裁判所の判断のいずれもが,労働者側に有利な
方向に進んでいることは間違いありません。このことを良い

ことと考えるか,望ましくないことと考えるかは,各自の立場や価値観による
ことになるでしょう。
 しかし,どのような立場に立とうと,直面している現実を前提に物事を進め
ていかなければなりません。

 仕事柄,ときどき,裁判所で痛い眼にあった経営者が,「若造の裁判官が・
・・」と怒鳴っている場面に遭遇します。しかし,「若造の

裁判官」は,決して新規な考えで裁判を進めているのではなく,最高裁に象徴
される上を見て,それに従っているにすぎないのです。むし

ろ,上を無視して,独自の考えで裁判をするほど度胸のある「若造の裁判官」
はほとんどいないというのが現実でしょう。

 深夜割増賃金の問題にせよ,残業代の問題にせよ,放置しておけば,予想外
の支出を招き,企業存亡の危機にもなりかねません。
 もちろんウルトラCを求めることは間違いですが,法律,判例,運用の中に
は,被害を最低限に抑えるヒントがあります。
 
 労働法の分野は,形式ではなく実質を重視する傾向が強かった上,実質の内
容まで再検討するという潮流になるとすれば,経営者は直ち

に対策を検討しなければならない場面というべきでしょう。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ】
----------------------------------------------------------------------

● 執筆
  北海道のローカルニュースを発信する情報サイト「BNNプラス北海道3
 65」で連載中の『弁護士Mの小咄』は,こちらからご覧になれます。
   ⇒ http://www.hokkaido-365.com/365column/bengoshi/

● ブログ
  最近は,ブログ『弁護士Mの独り言』にもちょくちょく執筆していますので,ご覧いただけると幸い。
 ⇒ http://blog.livedoor.jp/smaedalaw/

----------------------------------------------------------------------
◎ 講演・執筆・取材の実績の確認・ご依頼については,こちらからどうぞ。
   ⇒ http://www.smaedalaw.com/consulting/lecture.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメールマガジンで,今回取り上げていない事項については,次をご参照
下さい。

【個人の法律問題】
○債務整理   http://www.smaedalaw.com/personal/
○過払い   http://www.smaedalaw.com/personal/excess.php
○交通事故  http://www.smaedalaw.com/personal/trafficaccident.php
○離 婚     http://www.smaedalaw.com/personal/divorce.php 
○不動産・借地借家 http://www.smaedalaw.com/personal/realestate.php
○C型肝炎  http://www.smaedalaw.com/personal/c_virus.php

【企業の法律問題】
○労働問題・労働審判  http://www.smaedalaw.com/company/labor.php 
○民事再生・企業倒産 http://www.smaedalaw.com/company/bankruptcy.php
○企業法務   http://www.smaedalaw.com/company/legalaffairs.php
○顧問弁護士 http://www.smaedalaw.com/company/adviser.php

【専門サイト】
○「札幌債務整理・過払い救済センター」
             http://saimuseiri-kabarai.com/
*********
○無料法律相談 http://www.smaedalaw.com/consulting/free.php

○お客様の声   http://www.smaedalaw.com/voice/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  弁護士 前田 尚一(まえだ しょういち)
  前田尚一法律事務所 
     〒060ー0061
     札幌市中央区南1条西11丁目1番地 コンチネンタルビル9階
      TEL 011-261-6234 
      相談受付専用 0120-481744(24時間受付)

         Copyright(c)2009- Shoichi Maeda All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一覧に戻る