札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > お知らせ

お知らせ

【ラジオ出演】「過払い請求」についてのほか「6月18日にスタートしたローンやキャッシングの新しいルール(総量規制)」について,平成22年7月15日(木),HBCラジオ(北海道放送)[札幌1287kHz]の番組「週間さくらい」に出演して解説しました。

2010年7月15日 09:45

このエントリーをはてなブックマークに追加

HBCラジオ(北海道放送)[札幌1287kHz]の番組『朝刊さくらい』の8:45からの「エンタメニュース!」のコーナに出演し,桜井宏さん,室谷香菜子さんと「ローンやキャッシングの新しいルール(総量規制)がスタート」「完済の場合はほとんど全てが過払いとなること」などをお話ししました。

『朝刊さくらい』title.jpg
毎週月~金
朝6時30分~9時放送
桜井宏・室谷香菜子
⇒ http://www.hbc.co.jp/radio/chokan/index.html

桜井   朝刊さくらい エンタメニュース!今日はスタジオにゲストをお迎えして
        おります。弁護士の前田尚一(まえだしょういち)さんです。
        前田さんお早うございます。

前田   お早うございます。

桜井   前田さんは、自称ビジュアル系弁護士...テレビじゃないのが残念です。

前田   最近地方で無料出張相談を実施しているのですが,テレビと同じだ,なんて言われます。

桜井   「朝刊さくらい」は、毎週水曜日にレギュラーで諏訪裕滋弁護士に
        出演していただいていますが、前田さんと諏訪さんというのは?

前田   もう20年以上前になりますが,私が司法試験に受かったときにアルバイトで雇ってくれたのが諏訪弁護士です。

桜井   さて、前田さんに今日スタジオにお越しいただいたのは、
        改正貸金業法が6月18日にスタートして、まもなく、
        ひと月が経とうとしています。
       
        今回の改正で変わった、私達消費者が、かかわる点を確認しますと...、
       
        多重債務に陥る人を増やさないように~ということで、
        ① 返済能力を超えた借入を規制する(総量規制)
        ② グレーゾーン金利を撤廃する...というのが大きな目的でした。
      前田さん、なにか変化は?

前田   返済能力を超えた借入を規制する、いわゆる「総量規制」
      収入の3分の1以上のお金を借りることが出来ない。
        また貸す側も3分の1を超えると行政指導がはいります。

      これによって困っている人が出てきています。家庭の主婦です。仕事をしていない専業主婦の人の借入が基本的に出来ません。
        今までやりくり出来ていたものが出来なくなって相談にこられる人も増えてきました。

桜井   いくら旦那が、高収入の人でも借入は...駄目なもの?

前田   駄目ですね。例えば、ご主人の収入を証明するものや
        本当にその人が奥様なのか...という公的な資料が必要なことに加えて,ご主人の了解も必要です。
        旦那に秘密で借りていた奥様は,隠しながらやりくりする途をふさがれました。

桜井   端的に言うと,問題はなになんですか。

前田   ご主人に秘密でご主人の給料を返済に回すとか,自分で借りては返すという,返済するためだけに借入れを繰り返すというのはやはり異常なことです。
        その意味で,将来を見据え,多重債務に陥る人を増やさないように,借りにくくするということは効果的です。
        しかし,これまで借入れを繰り返しながら,しのいできた人たちに借入れができないようにしておきながら,その人たちがどのようにすれば今目の前にある問題を解決するかということを示していないことは,さらに危険な方向へ行ってしまうことに歯止めを作っておらず,大問題です。

桜井   ②つめのグレーゾーン金利の撤廃に関しては?

前田   今までは上限金利が二つあったのです。一つは「利息制限法」
      もう一つは「出資法」。最大で15%~29.2%の間の金利がいわゆるグレーゾーがあったのです。


桜井   上限金利が二つあるのはおかしくはありませんか。

前田   そうともいいきれないのが悩みでした。 「出資法」の上限金利は,貸金業者が,これを超えると刑事罰を受ける基準。「利息制限法」の上限金利は,これを超えると返さなければならない基準だったのです。

桜井   やっぱりわからないな~。「利息制限法」の基準を超えると返さなければならないのであれば,貸金業者としては意味がないのではないですか。

前田   ごもっとも,ここにトリックがあったのです。
        もうひとつ「貸金業法」という法律があり,「利息制限法」の上限金利を超えても返さなくても良い場合を定めた規定があったのです。「みなし弁済」規定と呼ばれています。そのため,貸金業者は,グレーゾーンの金利で貸しまくり,大きな利益を得ていたのです。
        ところが,特に,最高裁判所が平成18年にこの「みなし弁済」規定を厳しく解釈して,ほとんど使う場面がないようにしてから,状況が変わりました。

桜井   ほとんどの場合,グレーゾーンの金利を払いすぎだと主張することができるようになったのですね?

前田   そうです。この払いすぎた結果,とっくに借りた元金の返済は終わっていて,その後の支払は,すべて金融業者にお金を預けているような状態になっている場合もあるのです。

桜井   払いすぎていた金利を戻すことが可能ということですか?

前田   そうです。このような払いすぎは,過払い金として返還を求めることができます。
        また,過去に何年にも渡って金融会社から繰り返し借金をしてた人の中でも、過払い金がかなりの額、発生している人もいます。
        昨日もうちの事務所で扱っている案件で,金融業者から500万円ほど返してもらうことになった事例がありました。ご本人も私も飛び上がりました。
       
桜井   完済済みのものでも、過払い金返還請求って出来るの?

前田   過払い金請求の時効は完済後10年です。ですから完済して10年     経っていない人は、請求が出来ますし、過払い金が発生している      可能性が高いです。

桜井   でも、完済された人というのは、もう当時の振込用紙などの証拠が        保管されていないかもしれませんよね。その場合でも大丈夫?

前田   何もなくてもかまいません。弁護士に丸投げしてください(笑)。金融業者は,取引をすべて開示する義務があるという最高裁判例もあるのです。

桜井   さらに改正貸金業法がスタートしたばかりですが、ヤミ金融が増える可能性もあるということですが、どういうことですか?

前田   さきほどお伝えしたとおり,国は法律を改正して,これまで借入れを繰り返しながら,しのいできた人たちに借入れができないようにしておきながら,その人たちがどのようにすれば今目の前にある問題を解決するかということを示していないということです。
        借入れを繰り返すことだけで辻褄をあわせていたのですから,救済される方法がわからなければ,ヤミ金に手を出すなどもっと危険な方向へ行ってしまいます。

桜井   多重債務などで悩んでいますと,ほかにも飛びつく危ない方法があるのでしょうが,一度飛びついたら、本当に取り返しのつかないことになるでしょう。
      ヤミ金に手を出す前に...一度、相談してみてはいかがですか?

前田   このような問題は家族や身内にはなかなか相談できません。
        もし多重債務などでお困り、相談したいという人は是非、ご連絡ください。

桜井   弁護士の先生にご相談してみてはいかがでしょうか。
        前田さん、借金の多い少ないにかかわらず 相談にのってくれますよね。

前田   もちろんですよ。このようなお金に関するトラブルは一日も早く
      解決した方が良いと思います。
桜井   ただ、弁護士というと...イコール裁判。さらにお金も掛かりそうだし...。
      難しいこと聞かれてもわからないし...。そんなことはありませんか?
      弁護士に相談するに当たって、気をつけることは?

前田   まず、無料相談の予約を入れてください。
        裁判を起こすこともありますが,実際に回収できた金額の中で賄えます。

桜井   前田先生の法律事務所は、札幌中央区にあります。
      住所は、札幌市中央区南1条西11丁目
        石山通に面しているビル、コンチネンタルビルの9階です。
       
      地下鉄東西線 西11丁目駅、2番出口より45秒のビル。
      1階には北洋銀行が入っております。

      無料相談の電話などは?

前田   フリーダイアル 0120-481-744番です。
      心配なしよ,と覚えて下さい。
      道内どこからでもフリーダイアルでかかります。

桜井   前田尚一法律事務所 電話 0120-481-744(繰り返し)
      午前9時から受付けております。
      またホームページも開設しております。
      「弁護士前田」と検索していただければ,ヤフーでもグーグルでも一番に出ます。
       
        前田さんありがとうございました。

 

___________________

○ 弁護士前田尚一法律事務所(札幌)
○ 札幌交通事故・後遺症救済センター
○ 札幌債務整理・過払い救済センター

♭ _______________

一覧に戻る