札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > お知らせ

お知らせ

「武富士」の更生手続が開始され,前田尚一法律事務所で「武富士」問題緊急対策相談を強化実施することになりました。

2010年10月26日 22:01

このエントリーをはてなブックマークに追加

「武富士」対応緊急相談実施のお知らせ

 サラ金大手「武富士」が,2010年9月28日,東京地方裁判所に会社更生手続の開始を申立てておりましたが,同裁判所は,10月31日,開始を決定しました。

詳しくはこちらをどうぞ。
 ⇒武富士発表

 「武富士」と現在・過去に取引があり,過払金請求をする予定の方,任意整理をしようとするかたは,この手続の中で一定の対応をしなければなりません(後記のとおり締切があります。)。

 「武富士」問題に対する関心は高く,札幌弁護士会が10月4日から7日間実施した緊急電話相談には,総計674件の相談が寄せられたとのことです。,
 10月21日,HBCラジオ「カーナビラジオ午後一番!」の取材を受けて,「武富士」問題についてお話ししましたが,28件のお電話をいただきました。
「武富士」問題についての対策として,すぐに何かをしなければならないと考えている方々がとても多いことに驚きます。


 しかし,事態の流れは,「武富士」対策にとどまらないようです。
 金融庁が10月15日に発表した調査結果によると,過払金返還の相談件数が,「武富士」破綻前に比べて倍増したというのです(10月16日産経新聞「消費者金融の過払金返還相談2倍に」)。


 これからすぐに,「武富士」以外のサラ金業者に対する過払金返還請求が加速することが予想されます。
 過払金の獲得は,「武富士」問題をきっかけに,早い者勝ちという事態になるかもしれません。私は,自分の権利のために闘うのですから,早い者勝ちとなるのは当然のこと確信しています。


 また,「武富士」が破綻したからといって,残元金がある方の返済義務はなくなりません。そろそろ,サラ金業者やカード会社からの借入れとは訣別すべき時期が来ているように思います。「武富士」問題の発生を人生にリセットをかけるきっかけとしたいものです。
 

 当事務所では,「武富士」への対応の仕方についてはもちろん,過払金請求など債務整理全般について無料法律相談を実施します。
 お悩みの方は,フリーダイヤル0120-481744(24時間受付)まですぐにお電話下さい。相談日時を決めさせていただきます。


 以上のご説明を,以下でもう少し詳しくご説明いたします。


■ サラ金業者,カード会社から借入れをした方の立場


 サラ金業者,カード会社などから借入れをして返済を続けている場合,「利息制限法」という法律が定める利率の上限を超えた利息をとられ(「超過利息」),この法律に従って計算し直すと(「引き直し計算」),残元金は,武富士から請求されていた契約上の金額よりも,少なくなっているのが通例です。
 それどころか,返済を続けている場合であっても,本人が気付かないうちに,残元金がないのに支払を続け,払いすぎ(「過払い」)の状態となっていることも少なくありません。その場合は,過払金の返還請求をすることができます。
 専門家に頼んで,きちんと債務を整理した場合,どのようなメリットがあるか。詳しくはこちらをご覧下さい。

債務整理を依頼した場合のメリット

 そして,実は既に過払金が発生しているのに,ご本人が全く気付いておらず,債務が残っていると思い込んで支払を続けていることも少なくありません。
 予想外の過払金ということでご紹介すると,数社と取引していた例ですが,ご本人は800万円ほど債務が残っていると思い込んでいたのですが,当事務所で受任した後,多額の過払いがあることが判明し,過払金返還請求をしたうえ,支払の残っている会社にはその中から一括で返済しても,本人の手元に400万円以上の過払金が戻った事例があります。詳しくはこちらをどうぞ。

前田尚一法律事務所解決事例

 完済した場合は,過払金額に大小はありますが,ほぼ例外なく過払いとなっています。この場合も,完済から10年を経過していない限り,時効にはなっておらず,過払金の返還請求をすることができます。


■ 「武富士」に対する過払金はどうなるのか?


 会社更生手続は,裁判所の監督の下で,事業を継続しながら再建を図る手続です。


「武富士は破綻したのだから,もう過払金の返還を受けることはできないのではないか?!」


 そんな不安を持っている方も多いのではないでしょうか。

 「武富士」の場合,過払金は,更生手続開始決定後に法律で定められた手続によって弁済されることになりますが,弁済される金額は1割ないし2割程度になるという予測が有力です。

 しかし,引き直し計算をする過払金額が予想外に多額となっていることもあり,過払金額が多い場合は,1割ないし2割といってもバカになりません。
戻ったケースもあります。

 ただ,注意しなければならないことがあります。
 会社更生手続の場合,「更生債権の届出」と呼ばれる届出を期日(締切日)までにしなければ,失権してしまうのが原則とされています。

 過払金の返還を求めることができるであることに気がつかずに,残元金があると思い込んでいる場合もあり,届出をしないまま,過払金返還請求権を失ってしまわないよう対応しなければなりません。

 「武富士」も,「武富士」に対し既に過払金返還請求を行っている過払請求債権者については更生手続開始決定後に更生債権届書等の書類を送付する予定とのことですが,それ以外の方は,過払請求債権者であっても,自分で「武富士」対し,これらの書類を送付を希望することを連絡をしなければならないようで,とても面倒です。


「武富士は破綻したのだから,もう支払をしなくとも良いのではないか?!」
 

 残念ながら,世の中そんなに甘くはありません。
 残元金がある場合は返済義務はなくならず,返済を続けなければならないのです。

 ただし,利息制限法に基づいた引き直し計算をすると,従来武富士から示されていた契約上の金額よりも少なくなっているのが通例です。

 そして,何よりも大事なことは,これを機会に,サラ金業者などとは訣別し,人生にリセットをかけるべき場面にあるということです。


■ とても大事なことを追加すると......


 冒頭でもご紹介しましたが,札幌弁護士会で「武富士問題に関する緊急電話相談」を開催したところ,相談件数は,7日間の総計で674件に上ったそうです。
 ,HBCラジオ「カーナビラジオ午後一番!」の取材を受けて,「武富士」問題についてお話したら,前田尚一法律事務所にも,28件の電話がありました。
「武富士」問題についての対策として,すぐに何かをしなければならないと考えている方々がとても多いことに驚きます。

 しかし,「武富士」問題にとどまりません。

 報道によると,「金融庁は15日、大手消費者金融の武富士が経営破綻した後、他の大手消費者金融では、利用者が払いすぎた利息を取り戻せる「過払い利息」の返還請求の相談件数が破綻前に比べ倍増した、との調査結果を発表した。調査結果は同日、金融庁が開いた、改正貸金業法に関する関係団体からの意見聴取の場で報告された。過払い利息は、過去に利息制限法(借入金額をもとに年15~20%)を超える金利で借りていた利用者が返還を請求できる。」(「消費者金融の過払い金返還相談2倍に」2010.10.16 FujiSankei Business i. 10頁)


 これから「武富士」以外のサラ金業者に対する過払金返還請求が加速することが予想されます。
 過払金の獲得は,「武富士」問題をきっかけに,早い者勝ちという事態になるかもしれません。私は,自分の権利のために闘うのですから,早い者勝ちとなるのは当然のこと確信しています。


 また,「武富士」が破綻したからといって,残元金がある方の返済義務はなくなりません。そろそろ,サラ金業者やカード会社からの借入れとは訣別すべき時期が来ているように思います。「武富士」問題の発生を人生にリセットをかけるきっかけとしたいものです。

 前田尚一法律事務所では,過払金請求はもちろん,任意整理,自己破産,個人再生など多重債務者の債務整理のお手伝いもしています。


 相談は無料で,24時間受付しています。
 フリーダイヤル0120-481744まですぐにお電話下さい。相談日時を決めさせていただきます。

 

___________________

○ 弁護士前田尚一法律事務所(札幌)
○ 札幌交通事故・後遺症救済センター
○ 札幌債務整理・過払い救済センター

♭ _______________

一覧に戻る