札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > お知らせ

お知らせ

【寄稿】『ちょっと待った!新規事業を始める前に』が,5月15日発売の「財界さっぽろ」2012年6月号に掲載されました。

2012年5月15日 12:53

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月15日発売の「財界さっぽろ」2012年6月号に,
連載第53回 『ちょっと待った!新規事業を始める前にが掲載されました。


【内容】

――本業がうまくいかないので、新規事業で挽回しようと考える経営者は多いようです。

前田 本業と違う分野に飛び込む場合、慎重でなければなりません。信頼できる人だと思っていたのに権利金を支払ったら、そのまま行方不明になったとか、規模を拡大している企業だから安心だと、そのフランチャイズに加盟したら、実情は資金を集めるために自転車操業で火の車。結局、倒産してしまったという事件もよく起きています。

――それは詐欺罪で告訴すればよいのでは?

前田 初めから騙すつもりであれば、詐欺罪が成立することもあります。しかし、騙す意思は心の内面の問題です。立証がなかなか難しい。捜査機関もなかなか動いてくれません。仮に詐欺罪が成立したとしても、せいぜい刑務所に入るくらいです。捕まっても資産がなければ、返済を受けることができません。

――詐欺には当たらないということですか?

前田 中国の例をご紹介しましょう。

 ⇒ 続きはこちら



⇒ バックナンバーはこちら

一覧に戻る