札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 個人の法律問題 > 債務整理

債務整理

※過払い請求について
完済した場合は,ほとんどの場合,過払い請求できます。時効になる前ご相談ください。
支払い続けていても、過払いになっている場合があります。
相談料は無料、過払い金請求ができる場合は、着手金0円です。

過払い請求の無料相談の詳細はこちら

  • 「借金から逃れたい!」
  • 「家族にバレたくない!」

多重債務に苦しむ方達は、人には言えない苦しみや悩みを抱えていらっしゃいます。
ほとんどの方は、「どうしたら良いのか分からない!」そんな状態で相談にいらっしゃいます。

多重債務で苦しむ方々は
「このままではとてもじゃないけど、払いきれない!でも、自己破産なんかしたら何もかもがダメになってしまう」
というイメージを持たれています。

しかし、実際にはそんなことはありません。
法律が多重債務で苦しんでいる方の債務を減らす、もしくは帳消しにできる仕組みを用意してくれているのです。

また、自己破産だけが債務整理の方法ではありません
債務整理には大きくわけると、以下の4つの方法があります。

債務整理 4つの方法

1:自己破産(免責) 借金をゼロにしてもらう手続き
2:任意整理 サラ金流計算を法律に従った計算でやり直して借金総額を減らしたうえ、分割などで払いやすくする方法
3:個人再生 さらに、借金総額を5分の1に減額したうえ、3年間で払えるようにするのが基本
4:過払い請求 サラ金流計算を法律に従った計算でやり直して、サラ金から払いすぎ分を取り戻します

それぞれの方の債務状況に合わせて、どの方法にするのが一番良いかは法律相談で決めさせていただきます

ですから、もし、あなたが多重債務で苦しんでいるとしたら、諦めないでください
確かに、借金を払い続けることは大切です。
借りたお金は返さなければなりません。
※なお、特定調停という方法もあります。裁判所に間に入ってもらい、ご本人が自分自身で金融業者と話し合いをする手続ですが、弁護士が行う任意整理と比べ条件が有利にはならないのが通例のようです。

しかし、それによってあなたの人生そのものを棒に振るようなことになってしまうのだったら、債務整理するのも1つの方法なのではないでしょうか

このまま多重債務の状態が続けば続くほど、事態は悪化していく可能性が高いと思われます。事態が悪化していけば、ご家族との楽しい生活も送ることが難しくなってしまうかもしれません

しかし、債務整理を行えば、ご家族と月に一度、食事を食べに行ったり、お子さんにおもちゃを買ってあげることもできるようになるかもしれないのです。

今のあなたの借金を返し続けて、このささやかな幸せを手に入れる可能性
債務整理を実行して、このささやかな幸せを手に入れる可能性
どちらが高いでしょうか?

あなたが可能性が高いと思う方法を選択されることをオススメします。
また、債務整理をしたとしても全てを失ってしまうわけではありません

  • 会社を辞めなければいけないのではないか
  • 生活必需品まで取られるのではないか
  • 戸籍や住民票に載ってしまうのではないか
  • 世間に知られてしまうのではないか
  • 夫婦だと相手の借金を返さないといけないのではないか

上記のような問題は債務整理を実行したとしても、実際にはほとんど起きません。
社会生活を送っていく上では、債務整理を実行したとしてもほとんど問題は起きないのです。

特に他人の財産を扱うような職業の場合、破産によって制限される資格があります。そのような場合は、資格を制限されない方法で上手く債務を整理する方法を検討する必要があります。

・弁護士
・税理士
・公認会計士
・警備員
・生命保険外務員
・損害保険代理店
・宅地建物取引主任者
・会社の取締役や監査役
・証券取引外務員

債務整理のいずれの方法も、自分で勉強すれば、自分自身でもできますが、弁護士に依頼した場合のメリットは、

  1. 自分で面倒な手続をする手間をはぶけるだけでなく、
  2. 債権者との対応は、弁護士が代理人として行うことになるので、自宅や職場に、直接、連絡が来たり、請求されたりすることがないので取り立てが止まる!!

ことであるといわれています。
どのような方法があなたにとって良いかは、下記を参考にしてください。

1:自己破産

・返すことに不安のある方
・返せる財政状況にない方
・家族のために早めにリセットするのが適切な方

2:任意整理

・辛いことよりも自分の意地や自尊心を通したいと思ってる方
・気持ちだけでなく、借りたものは返すという財政状況にある方
・資格がなくなったらどうしても困る方
・どうしても返さなきゃならない借金がある方
・保証人に迷惑をかけられない方
・どうしても残しておきたい財産がある場合

3:個人再生

・家を残したい人
・辛いことよりも自分の意地や自尊心を通したいと思ってる方
・債務総額は返済できないけど、債務の総額を5分の1にした金額を返済できるし、返したい方

4:過払い請求

・概ね5年以上、サラ金の返済、カード会社のキャッシング返済を続けている方
・サラ金の返済、カード会社のキャッシングの返済が完全に終わった方

先ずは、あなたの消費者金融からの借金、カード会社のキャッシングなどの借入を利息制限法に基づく引き直し計算します。消費者金融やカード会社のキャッシングの金利は法律で決められている金利より高い金利を設定しているので、その分の借金が減額されます。

この時、既に払い過ぎになっているお金を取り戻すのが過払い請求です。

そして、お金は返ってこなかったんだけど、「これだったら、十分に返していける」というぐらいの額が残った場合には任意整理をします。

「こんなには返せないんだけど、この5分の1ぐらいだったら返したい」という場合には個人再生をします。

「これはもう難しい」という場合には自己破産をします。

どの方法を選択するのかはとても難しいのです。
なぜなら、「その人を見て、その人の人生、家族の人生も長期的に考えてどの方法が一番良いか」を考えるのが私は債務整理において一番、大事なことだと思うのです。

あなたの詳しい状況を聞いて、どのような方法にするのが一番良いかを法律相談でアドバイスさせていただくことができます。先ずは法律相談にお越しください。

「債務整理」に関する弁護士費用(税別)

内容 着手金 成功報酬 備考
自己破産 300,000円 なし 借金をゼロにしてもらう手続
任意整理 30,000円
×
債権者数
なし サラ金流計算を法律に従った計算でやり直して借金総額を減らしたうえ、分割などで払いやすくする方法
個人再生 300,000円 なし さらに、借金総額を5分の1に減額したうえ、3年間で払えるようにするのが基本
過払い請求 完済している場合は
0円
現実に回収した額の21% サラ金流計算を法律に従った計算でやり直して、サラ金から払いすぎ分を取り戻します
法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

関連コラム

「債務整理について、もっと詳しいことを知りたい!」と思われた方は以下のコラムを是非、ご覧下さい。あなたの知りたいことが載っているかも知れません。

分類 タイトル / 掲載誌
債務整理 贅沢はフトコロ具合にあわせ計画的に!!
(株)メディカルプランニング月刊『best NURSE』連載
名義貸し 前夫の借金、払う必要は?
毎日新聞 朝刊 『La Femme~ラ・ファム~』連載
保証人・連帯保証・根保証 保証についての誤解:予想をはるかに超えた金額を負担しなければならない場合がある!!
毎日新聞 朝刊  『La Femme~ラ・ファム~』連載
過払いに関する札幌高等裁判所の注目裁判例 札幌高等裁判所の注目裁判例を2つ
過払い金返還請求事件 過払い金返還訴訟:権利のための闘争
過払い金返還請求 利息は上限あるはずが・・・・・・
毎日新聞 朝刊  『La Femme~ラ・ファム~』連載

PageTop