札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 個人の法律問題 > 相続一般

相続一般

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

相続についての正しい知識があなたを助けます!

親の借金があることが発覚して、どうにかしたい方

・親が亡くなって、しばらくしてから借金があることが分かった
⇒借金があるために、相続をしたくない場合には相続放棄という手段があります。

ただし、法廷の期限内に家庭裁判所に手続きをしなければなりません。
一定の期間が過ぎてから借金があることが発覚した場合にも、相続放棄をできる場合があります。
このようなことに疑問がある場合には、ご相談ください。

「法律相談の申込」ページへ

このままだと相続争いが起こるんじゃないかと心配な方

・兄弟の仲が悪い
・会社の事業継承が難航しそうだ
・実は隠し子がいる
・妻、子供以外に財産を渡したい人がいる

「遺言書作成」ページへ

既に相続争いが表面化してる

・遺言書はあるんだけど、その遺言書の内容に納得できない!
・兄が親の面倒を見てくれていて、それには感謝してるが、面倒を見てくれてる間いに親の財産を使いこんでしまったのではないか?
・兄が法定相続分通りに遺産を分割してくれなくて、困ってる
・親が亡くなるまで自分が面倒を見て、他の兄弟は何も手伝わなかったのに、相続権を主張してくるのが納得できない

「遺産分割」ページへ

相続問題の専門HP

一見すると、法律が定めた相続問題の解決ルールはいたってシンプルです。
しかし、相続問題の解決の実際は、そう簡単ではありません。
相続の紛争は最終的には家庭裁判所で行われることになりますが、調停・審判といった家庭裁判所手続において、弁護士のみがの代理人と認められます。 また、代理人として他の相続人と交渉することができるのも弁護士だけです。 遺言・相続問題の解決には、家庭裁判所まで行かない場合であっても、家庭裁判所の処理の仕方、裁判官の考え方を実体験から熟知している弁護士の経験を最大限に生かすのが有効です。

相続問題でお困りの方は専門HP「札幌 相続・遺産分割・遺言相談」をご覧ください。

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

PageTop