札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 個人の法律問題 >

遺言書作成

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

自分が亡くなった後が心配な方

  • 自分は財産があるので相続を上手くやりたい」と思ってる方
  • 兄弟仲が悪くて、このままだとトラブルになりそうだ」と心配な方
  • 会社経営が絡んでいて「これからどうやって事業継承していこうか?」と悩まれてる方

遺産が残された後が心配な方

  • 親が会社経営をしていて、「自分がきちんと相続してもらえるのか?」と心配な方
  • 親が自分が望むような形で本当に相続させてくれるのか?」と心配な方
  • 親の財産を管理してる兄弟が親の財産を使いこんでるんじゃないか?もしくは自分のものにしてるんじゃないか?」と心配な方
  • これまで自分はこんなに親に尽くしてきたんだから、それ相応に遺産を残してもらわないと!」と心配な方

このような心配なお気持ち、よく分かります。 相続は相続する側、される側にも大きな心配がつきまといます。 私もこれまで、色々なケースを見てきました。

  • これまで見たこともないような人が突然、権利を主張してきた
  • 叔父さん、叔母さんには相続権がないのに、相続権があると主張してきた
  • 遺言書がないので、法定相続分通りに相続しようとしたところ、兄弟の1人が「お前は大学に行かせてもらったのに、俺は行かせてもらえなかった!」と主張してきた

などなど、理不尽なことを挙げだしたらキリがありません。

相続の問題は非常に根が深く、法律だけでは解決できない感情の問題が多く含まれています。一度、こじれてしまって兄弟同士のケンカに発展して、争続問題(争いが続く問題)になってしまうと、収拾がつかなくなってしまいます。

では、そのようにならないためにはどうしたら良いでしょうか?

それは「遺言を書く」、もしくは「遺言を書いてもらう」ということです。
唯一、遺言書が相続問題の解決に道筋を示すものだからです。

相続において、一番大きな影響力を発揮するのが何と言っても「遺言書」です。
「遺言書」があれば、時間がかかる場合もありますが、概ね有利に展開して終わりになります。

もし、遺言書がないまま、相続(争続)することになれば、自分の思い通りになることはないといって良いでしょう(相続する側も、される側も)。

しかし!
だからといって、「じゃあ、遺言書を書いてもらえば良いんだな」もしくは「じゃあ、遺言書を書けばいいんだな」という単純な問題ではありません。

特に書いてもらう場合には、どのようにして話を持って行って、書いてもらえばいいのかは状況によって大きく異なります。

遺言書を書くにしても、法律的に有効な書き方をするのは1人では1人ではかなり困難ですし、自分の希望を法律的に反映されるように遺言書を書くのはかなり難しい作業になります。

ですから、遺言書を書いてもらうにしても、書くにしても、先ずは一度、法律の専門家である弁護士に早めに相談されることが望む結果を手にする最短の道だと思われます。

遺言状作成のご依頼なら札幌弁護士の前田尚一法律事務所

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

「遺言書作成」の弁護士費用(税別)

遺言関連業務

遺言書作成

    • 10万円(税別)から

※定型か非定型か,複雑又は特殊な事情があるかどうか,相続財産(遺産)の額などを勘案して,協議の上,適正妥当な範囲内で弁護士費用を決めさせていただきます。
※公正証書遺言の場合,別途公証人に支払う手数料がかかります。

遺言執行(税別)

経済的利益の額 着手金の額
300万円以下の場合 30万円
300万円を超え3,000万円以下の場合 (経済的利益の額) ×(2%+24万)
3,000万円を超え3億円以下の場合 (経済的利益の額) ×( 1% + 54万)
3億円をこえる場合 (経済的利益の額) ×( 0.5% + 204万)

相続手続・遺産分割

相続人が一人であるとか,相続人間で遺産分割の仕方がまとまった場合であっても,面倒な名義変更の手続のほか,一定の書類の作成,必要書類の収集,調査など手間暇がかかる作業をしなければならないのが通常です。
当事務所では,適切な税理士,司法書士,行政書士などの専門家と協働しながら,迅速に手続が完了するよう対応していきます。
弁護士費用(手数料)は,相続財産の数と金額,相続人の数に大きく影響されます。
が,相続人間の争いがなく比較的容易に機械的・事務的に対応できることを前提に,適正妥当な範囲内で決めていくことになります。
まずは,どのような手続・作業が必要なのか,どの程度の費用がかかるのかなどを確認するため,ぜひ,当法律事務所の相続法律相談をご利用ください。

相続放棄・限定承認手続

相続放棄

50,000円(税別)から

限定承認

300,000円(税別)から

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問合せ

法律相談の予約内容を下記にご記入ください。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容 ※URLを含むコメントは送信できません。

※当事務所でお手伝いできるかどうかを確認するためですので、簡単で結構です。

はい

エラーなどで送信できない場合はまで
直接メールをお送り下さい。

PageTop