札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 事務所紹介 > 依頼者の感想

お客様の声 (依頼者の感想)

北広島市虹ヶ丘土地区画整理組合 副理事長 川合 英二 様(75歳・男性)(土地区画整理組合関連の法務全般・顧問業務・訴訟)

私はまったく素人でしたが,知人からの要請で土地区画整理組合の役員に選出されましたが,この時,組合の専務理事(組合でただ1人の常勤者)に選出され,実務の中心となっていたA氏が就任一年半後にB建設業者との間で「贈収賄事件」(H7.6.20)が生じ,H氏に有罪判決が出されました(判決前にH氏は理事を辞任)。又,同年の4月初め頃にA氏が別なC建設業者と話し合う中で(事前に理事会への提案や承認がない中で)勝手に工事の発注を行い,同年7月上旬にB業者より,工事代金が水増しして請求された事が明らかとなり「工事代詐欺未遂事件」が発生しました。
 その後も組合とA氏の間で「養豚業廃業補償費増額請求事件」(道収用委員会~最高裁まで)や,「豚舎明け渡し請求」「自宅撤去,土地明け渡し」及び同左の「強制執行請求」等,数件の裁判がそれぞれ合わせて約5年にわたり行われました。
 それまで組合としては,話し合いでの解決を求め,根気よく年時をかけてきましたが,このままでは解決の目処もたたず,事業も進まず,止まることも考えられる状況となってきましたので裁判での解決を求めていかざるを得なくなりましたが,組合員や行政等から裁判にかければ判決まで多年を要するし,お金もかかるのではないかと心配や反対の意見もそれなりにありましたが,組合としては,先生との相談,話し合いの中で,解決しない話し合いをいつまで続けても意味がないし,又,ゴネ得を1人許せばそれを見て他に色々と言ってくる人が何人かは出てくるのでないか(現実にその可能性は何人か考えられました),それであれば裁判に堂々として臨んだ方が早く解決し,又お金もかからないのでないか等,原則的な考え方が示される中で,当初は100%理解できた訳ではないが,私達の考えや気持ちにふれるものが多く,先生を信頼してお願いし,一緒に戦っていってみようという気持ちを強くしました。
 幾つもの裁判を通じて理解した事は色々とありましたが,私なりに要約すると,
 
1 先ず先生を信頼する事,そして依頼人としての考えや気持ち(求めている事)を素直に伝える事

2 先生の,その裁判に当たっての考え方,取り組み方等を素直に受け止め,解らないところは恥ずかしがらずに聞き,ひとりよがりの判断や考え,早合点しない事
3 裁判に対する対応は,ぶれずに一貫してプロである先生に一任し,自分たちもそれに素直に対応していく事

4 周りからの色々な考えや意見については素直に受け止めるが,それらの事で先生との間で不信やぶれが生じないよう,必要に応じて先生との相談・話し合いを密にしていく事,
 
が,裁判に臨み,共に戦っていく上で,大事ではないかと思っています。
 
未経験な裁判と言う大事な問題で,根気強く何かとお話をして下さり,最後まで先にたって戦い,又,引っ張っていただき,何とか私達もついて行き,幾つも勝ち得た事は本党に有難く感謝しています。
先生の努力とご苦労はいつまでも忘れません。
私達も良い経験をさせて頂きました。

PageTop