札幌の弁護士 前田尚一法律事務所 > 事務所紹介 > コラム

コラム

弁護士:前田尚一: 2013年8月アーカイブ

 依頼のきっかけは
 『法律』は,弱い立場にあるからといって味方をしてくれる訳ではありません。
 『法律』は,"法律を知っている者に味方する!!"ものだというのが,私の実感です。
 自分を弱者であるとか,被害者であると頑固に言い続けているだけでは,望んだ結果を導けるものではありません。
 上記の見出しに"そういうものなんだ"と強くひかれ依頼してみようと思いました。
 なにか安心できそうな力強い物を感じました。
 連絡後の対応も早かったですので期待もしましたし,頑張ろうとも思いました。
 心配だったのは実際費用はどれくらいかかるのかでした。
 諸費用は実費,裁判費用は国から保証されるとは言うけど~?
 
 初めての経験で何も分からないので,大変とか辛い事はどういう事なのか分からないでやっていましたし,裁判をするという事はこの様な事をする事なのだと思いこんでいました。

 私の場合は個人的な問題が発生してではなく,国の提示してきている事を証明できるか否かでしたので,前田先生の言うとおりに行動しただけでしたので,確かに調べたりする事は時間がかかり仕事しながらでしたので大変でした。
 もっと自分に時間があったらいいなと思いました。
 
 また,何十年も前の事を素人が証明すること自体,理不尽な要求だとも思いました。
 国の決めことなのでやはり信頼できる弁護士さんの腕に頼るしかない。
 
 3年越しの月日が経つと,このままでいいのかどこまでやればいいんだろうかと,不安はよぎりましたが前田先生はいつも余分なことも言わずハッキリしている方でしたので,私も必要以上に質問もなく,言う隙間が無かったのが事実で指示に従っていたと思います。
 
 結果思わぬ良い結果になりましたが,すべてはどこまでも良くなることを信じて行動することが大事と思いました。
 結果,ダメだったとしてもスッキリした気分でいられたと思います。
 やれるだけの事は前田先生もかなり努力して,最後まで色々な可能性に挑戦して下さってましたので心強かったです。 
 
 本当にお世話になり有難うございました。

 今回,交通事故の示談で相談をさせていただきました。あまりの保険会社からの提示額が低くどうしたらいいか考えていました。素人判断では少なく感じますが,弁護士に相談すると小さな案件だし相談するだけ恥ずかしいしここで示談にしておこうか悩んでいました。

 ネットで調べて前田法律事務所さんのホームページをみました。私と同じような案件なども手掛けているのがわかり,相談してみようと思いました。

 担当していただいた近藤先生はとても親切で事故の話をすみからすみまで聞いてくれ,そして些細な事でも詳しく説明をしていただき,本当安心してお願いすることが出来ました。事務所に行った時の女性スタッフのみなさまもいつも笑顔で迎えてくださり,おいしいお茶をだしていただきました。
 沢山の案件がある中での私の小さな案件。事務所に行くたびに沢山の資料を見てまとめていただいたり,私の相手側の不満も沢山聞いていただきました。結果も提示額の倍以上の金額に驚きの一言です。

 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

PageTop